IMG_2737
私はそもそもカーオディオにはそんなにこだわりはなく、過去の愛車でもオーディオを交換したこともなければ、スピーカーの数とかも覚えてなかったりします。オープンカーが多かったので音質にこだわってもしょうがなかった、というのも大きいです。

オープンカーに限らず、クルマの中は風切り音やロードノイズ、エンジン音などの雑音にオーディオの音が埋もれがちですし、ドアスピーカーは聞き手に対して横を向いているしで、オーディオ環境としてはあまり良くないと思います。一方で平行の壁がなく定在波が起きにくいというメリットはあるので、静粛性の高いクルマなら良い環境が構築できるかもしれません。そういえば昔取引先の社長さんに乗せてもらったアリストのオーディオはすごく良い音でした。

お世辞にも静粛とは言えないGRヤリスは私のRSはもちろん、高額なRZでも2スピーカー(後期型は4スピーカー)です。その割に酷い音じゃないんですが、久しぶりに屋根があるクルマなのでちょっと手を入れることにしました。

参考にしたのは、部屋のオーディオでもよく参考にしている「創造の館」のこれらの動画です。



要旨をまとめると。
・ドアスピーカーは1.6kHz以上の高音が苦手なので、ツイーターを追加してカバーする。
・追加用ツイーターのカットオフ周波数は高すぎる場合が多いので、コンデンサーを交換して1.6kHz程度まで下げる。
・ツイーターは聞き手に向けて設置する。

今回は振動板の直径と再生帯域、価格を考慮して、パイオニアのTS-T440IIでセルフ作業に挑戦してみました。
IMG_2581


まずカットオフ周波数を下げるため、ネットワークケーブルに仕込まれているコンデンサーを交換します。この部分に4.7μFのコンデンサーが入ってます。
IMG_2582
覆っているカバーを切り開き、既存コンデンサーをニッパーで切り離します。
IMG_2583
別途購入した22μFのコンデンサーを入れ替える形でハンダづけ。
IMG_2584


端子部を絶縁するための熱収縮チューブを予め通しておくをお忘れなく。
IMG_2585
コンデンサーの足に負荷がかからないよう絶縁テープで束ねて、先ほどより大きな熱収縮チューブで覆って完成。上が加工前、下が加工後です。
IMG_2588

純正オーディオへの接続方法はこちらの動画を参考に、ドアスピーカーはフロントスピーカーとして温存し、ツイーターはリアスピーカーとして接続して、疑似的なバイアンプにする事にしました。

こうするとフェーダー調整で、ドアスピーカーとツイーターの音量バランスを変えられるようになり、イコライザーとあわせて調整の選択肢が増えます。

オーディオはどのトヨタ車にも着いている標準ディスプレイオーディオで前後スピーカーに対応しているのですが、GRヤリスの場合ケーブルはドアスピーカー用のフロント分しか出ていません。そこでビートソニックのBH10を用意します。
IMG_2668


これをつかうと、既存のケーブルやコネクターに手を入れることなく、リアスピーカーへのギボシ端子付きケーブルが増設できます。

ツイーターの置き場は、視界の邪魔にならず、ケーブルも目立たなそうなAピラーの根元だとすると、このサイドのカバーからケーブルを内部に引き込めそうです。
IMG_2663

次にディスプレイオーディオを取り外します。いろんな動画がアップされてますが、私はこのヤリスの動画を参考にしました。基本GRヤリスも同じです。

周囲の内装部品の取り外しは簡単なのですが、オーディオを車体に固定しているボルト4箇所が見えにくく回しにくい場所にあります。
IMG_2665
ソケットレンチとエクステンションバーは必須で、ボックスドライバーやメガネレンチでは作業できないと思います。
IMG_2666
引き出したオーディオ本体で内装に傷をつけないよう、しっかり養生しておきましょう。
IMG_2667
既存のスピーカーコネクターを一旦外したらBH10をオーディオに接続し、重ねるように元のスピーカーコネクターを接続します。
IMG_2669>
BH-10からでているリアスピーカーのギボシ端子にネットワークケーブルを繋いだら、助手席や運転席の足元からマグライトの光を入れ、ケーブルの経路を探します。運転席側の方がスペースは厳しいです。当たりをつけたらケーブル通しを突っ込み、ネットワークケーブルを通します。ケーブル通しをどんな形に曲げるかとかはもう勘ですね。ここで左右を間違えると面倒なので事前によく確認しましょう。
IMG_2670
ネットワークケーブルをサイドカバー側まで引き回したら、ネットワークケーブルとスピーカーケーブルを繋ぎます。
IMG_2673

オーディオ本体を仮に収めて、接続テスト。ちゃんと音が出たらスピーカーの角度を調整して固定しますが、インパネに穴を開ける度胸はないのでツイーター付属の両面で貼り付けました。
IMG_2682
スピーカーのセッティングやイヤフォンを選ぶときにいつも基準にしている曲(MisiaのMissing Autumn)を聴きながら、イコライザーとフェーダーで調整します。走行音がするとまた違うのでとりあえずざっくりと。
7cfe7c9e

オーディオの固定ボルトを締め、各内装パーツを元に戻しつつケーブルを始末します。使わない端子をテープで絶縁するのをお忘れなく。
IMG_2676
運転席側はペダル操作に支障がないように取り回し、ステアリングコラム周辺のカバーの裏側にガムテープで貼り付けます。
IMG_2674

助手席はグローブボックスの裏側にまとめて貼り付けます。
IMG_2675
スピーカーを貼り付けた両面テープは、露天駐車していたら剥がれていたことが2度ほどあったのですが、その後は再現していません。
IMG_2684
ドアスピーカーだけに比べると、高音がハッキリしボーカルにも厚みがでることで、音像もはっきりしますし、音場も目線くらいの高さに上がるなど、かなり効果が感じられます。ドアスピーカー側の高音はスピーカーの向きで減衰されてるだけなのでなんちゃってクロスオーバーですが、やかましいGRヤリスの車内騒音に負けず音楽が楽しめそうです。


スポンサードリンク