以前、私の愛車遍歴紹介のエントリーで、初めての愛車を手にする前の現実的な愛車候補が、初代スープラのエアロトップか
IMG_8323
2代目MR2のTバールーフ。
IMG_8323
だったにもかかわらず、雪道への不安からST-165 セリカGT-FOURを初めての愛車に選んだところから始まる私の愛車遍歴紹を紹介しました。

それらの車の購入の際にも「検討したけど結局買わなかった」クルマたちがありました。今日はそんなクルマたちを取り上げて見たいと思います。

初めての愛車、ST-165 セリカGT-FOURの対抗馬は三菱ミラージュの「サイボーグ」でした。
IMG_8323
GT-FOURと同じ4WD+ターボが新車で買える価格だったのは魅力でしたが、やっぱりスポーツカーらしさに欠けるので却下。

その後、セリカGT-FOURを手放した際には速さやパワーに早々に飽きていたこともあり、なるべくシンプルで安価なクルマということで、1.5Lクラスを一旦は検討しました。その一つがトヨタ・コルサの4ドアの4WD。
IMG_8323
そしてシビック・フェリオのリアルタイム4WD。
IMG_8323
この2車は共にこざっぱりとしてバランスの良いデザインが魅力的でしたが、一気にここまで解脱できるか不安だったので、結局2Lクラスのワゴンに。出たばかりのスバル・レガシイ (BG)とトヨタ・カルディナをディーラーで競合させ、「ボディー色に紺メタ1色がない」という担当営業マンの努力の及ばない理由でカルディナを蹴るという非道ぶり(wwごめんなさい)
IMG_8323
レガシイ (BG)の4年間にわたる経験で、「4WDじゃなくてもスキーには行ける」「ワゴンの荷室を使い切ることはまずない」「長いオフシーズンが全く楽しくない」ことに気づいた私は180度転換し、オープンカー人生を始めるわけですが、そこでも日の目を見なかったクルマたちが…続きはまた次回に!

(ここまで画像はミラージュサイボーグのみグーネット。それ以外は全てウイキメディアより引用)
スポンサードリンク