ハロゲン仕様だった私の981ボクスターのヘッドライトはLED化を完了しましたが、そうなってくると気になるのが他の灯火類。

リアコンビランプはすべて(ナンバープレートライトまで)LED化されているのに、
IMG_2858
フロントとサイドのウインカーは電球です(どうせオレンジ色なのですが)

また、室内に目を移すと、ルームランプは白色光のLEDのなのに、グローブボックスのランプと、前後トランクは電球。
IMG_1960

なーんか釈然としないので、夏休みの工作として、できる限りLED化することにしました。ほとんどの灯火類の電球からLEDへの交換方法はネット上でいろいろ公開されていますし。ただ、サイドのウインカーだけは、純正でLEDになっている911GT3やボクスターGTS用のパーツとレンズごと交換する例しか見当たらず、これが高い(1万円〜2万円)!
そんなお金は払えないので、人柱上等で電球のみのLED化にチャレンジすることにしました。

チャレンジに必要なのは事前の調査、ということで、サイドのウインカーを分解してみました。レンズの取り外しはとても簡単。取り外すとユニット状にレンズ側に電球も付いてきて、電球のホルダーを90度ひねると外れます。
IMG_2099
電球は取説を見ると「WY5W」となっていますが、これはおそらく「W5W」のイエロー、という意味でしょう。「W5W」あるは「T-10」互換のLEDバルブを買えば良いと思われますが、気をつけなければいけないのは、バルブ先端をレンズ側の穴にくぐらせて装着するので、バルブ直径が大きいと装着NGになること。その穴が下の画像です。
IMG_2100
ただ、この穴に差し込まれるのは、電球ではなくひと回り太いホルダー部分なので、電球(φ9弌砲汎韻言K,任覆ても、問題はなさそう。しかし正確を期すため、今度ノギスでキチンと計測しておこうと追います。
スポンサードリンク