閉鎖された元サイトでは紹介していたのですが、このブログでは私の愛車遍歴を取り上げていなかったと思うので、この機会に振り返ってみたいと思います。

前史
自分の車を手に入れる前は、父親のマーク兇鮗擇蠅鴇茲辰討泙靴拭覆△蠅ち)。
IMG_8323
その反動もあってか、当時の欲しい車は、初代スープラのエアロトップか
IMG_8323
2代目MR2のTバールーフ。
IMG_8323
当時から屋根無し志向だったんですね。
(ここまで画像は全てウイキメディアより)

愛車遍歴
1991年から1993年
しかし雪道で怖い思いをした事もあり、
「買うなら四駆か」と気が変わって、実際に購入したのが「私スキ」のセリカGT-FOUR。中古で200万円くらいだったかな?
GT-FOUR
当時はバイクにも乗っており「車はATでもいいかな」と思っていました。この車はATの設定がなく実は「止むを得ず」マニュアル車だったんですが、結果的にはこの車から私のマニュアル車へのこだわりが始まることになるので、人生ってわからない(笑)。
今では珍しい「3ドアハッチバッククーペ」ですが、リアシートをたたむと巨大な荷室が現れ、斜めになれば仮眠も取れるし、スキー板はもちろん自転車もそのまま積載できる「2ドアのスポーツワゴン」でした。
当時の馬力表示で185馬力でしたが、物凄く速かったです。ちょっと速すぎて手に負えないばかりか、常に車の方から「もっと飛ばせ、攻めろ」と急き立てられているような感じで疲れてしまい、2年余りで手放すことに。でももう一度乗ってみたいですね。

1993年から1997年
次は2代目レガシィのツーリングワゴン。
REGACY
とはいっても流行りのGTではなく、シングルカムのTX。発売されてすぐに「クルマは速さじゃなくてパッケージングとか使い勝手じゃね」と新車で買いました。マニュアル車だった事もあり、意外にも「運転してる」感がしっかりしていて、車の動きやタイヤのグリップが分かりやすく、飽きの来ない良い車でしたね。
しかし、常に暗い洞窟にいるような車内と、後ろに重いものを載せているような挙動に欲求不満が高まり、4年半でお別れしました。当時ワゴンブームだったので下取りはすごく良かったです。

1997年から2005年
そしてフィアットバルケッタ。今に続くオープンカー時代の始まりです。
BlogPaint
初めてのオープン、初めての左ハンドル。そして初めての輸入車(それもイタリア車)を中古で買う度胸はなく、新車で購入。
パワーは145馬力と大したことはなく、アンダーステアも強くて峠では四苦八苦しましたが「どうすればクルマは曲がるのか」を真剣に考えるキッカケになりました。
とにかくスペックでは語れない楽しさが詰まった、イタリア人の「人生を楽しもう」という価値観が色濃く反映されているこのクルマで学んだのは、クルマって文化なんだ、という事ですね。意外にも故障も少なく、とても気に入っていたのですが、幌周りの劣化、エアコンのガス抜けには勝てず、8年で手放しました。

2005年から2017年
そしてポルシェボクスター986。
IMG_6396
このブログで散々書いてきたので詳細は割愛します。気がつけばボクスターとの付き合いも12年、車齢は実に15年!「少なくとも10年、できればバルケッタの倍の15年は乗ろう」と思っていたのですが、その目標もほぼ達成。

振り返ればセリカ以来26年間マニュアル車、バルケッタ→ボクスターで20年間左ハンドルのオープンカーに乗ってきましたが、実は今度のボクスター、PDK(セミオートマ)で右ハンドルなんです。

どうして此の期に及んでマニュアルをやめたのか?ハンドルも左から右にしたのか?は話が長くなるのでまた今度。
スポンサードリンク