MCL(膝内側側副靭帯)損傷というせっかくの貴重な体験なので、随時ブログで更新していこうと思います。

今日は午前中、病院にて膝の装具の相談をしてきました。

スキーをしていると膝の装具をしている人をよく見かけますし、仲間にもいるという人もいるかと思います。なんだかいろんな種類があるなあ、とは思っていたのですが、損傷箇所によって違う物なんですね。また強ければ良いというものでもなく、怪我の度合いと復帰後の運動強度をみて適切な物を選ばないと、骨折など別の怪我の原因になったりするそうです。

私の場合は、内側側副靭帯損傷で程度は酷くないものの、競技者ということで、ソフトタイプでしっかり固定する物になりました。

装具が出来上がってくるのは来週です。受け取りの際支払う代金は約28000円。健康保険は効きますが、立替え払いなので、装具を作る際は現金を多めに持っていくことをお勧めします。

あと松葉杖を借りるときの保証金も意外と高いものですね(二本で1万円でした)。
やはり大きな足の怪我をして病院に行く時はお金は多めに持っていった方がいいと思います。
スポンサードリンク