IMG_9795
新しいボクスターが発表されました。
エンジンは噂通り4気筒2リッターターボ。価格は約30万円ほどアップ。噂ではケイマンとの価格差が逆転すると言われており、大幅アップか?と思っていたので意外な感じです。

デザインはマイナーチェンジですが、フロントはつるんとしたシンプルな印象になり私好みです。Sのイメージカラーのオレンジ色だととかつての愛車フィアットバルケッタを思い起こさせますねえ。
IMG_9795

一方リアはリトラクタブルリアスポイラーがGTS系のダックテール形状になりましたが、黒いガーニッシュはなんかイマイチかも。981のテールランプに食い込んだスポイラーといい、この代はリアのデザインは外してるなあ。
IMG_9795

インテリアに目を移すと、PDKに大きな変化が。シフトレバーでシフトアップ/ダウンができるのはいままでは911だけだったと思います。また、ステアリングのシフトスイッチもパドル風ですが、これらはオプションかもしれません。
IMG_9795

パワーはボクスターSがなんと350馬力。素のボクスターですら300馬力!私の986の220馬力ですら手にあまるのにいったいどこで乗るんでしょうか。そして911ではターボ系にしかついていない可変タービンジオメトリーが付いているのも驚きです。ここいらへんは「4気筒になったのに値上げ」に対する穴埋めなのかも。

往年の4気筒レーサーにあやかり「718」の名を与え(6気筒が減ったんじゃなく)「フラット4が帰ってきた」という打ち出しにもポルシェの「必死さ」が伺われますが、4気筒化が市場にどのように受け止められるのか?は気になります。911はダウンサイジングターボが発表されて、在庫車が一気に売れたそうです。

ボクスターはもはやパワー的にも価格的にもエントリークラスとは言えなくなっている気がします。はたして価格が逆転するケイマンとの価格差は?そして噂のベイビーボクスターはあるのか?色々気になるモデルチェンジです。
スポンサードリンク