image


雪不足の今シーズン、苗場では昨晩けっこうな降雪があり、滑走可能コースがかなり広がりました。ただしまだまだブッシュが顔をだしてます。

しかし古い板で滑ってみると、ノートラックに踏み込んでも石を踏む事もなかったので、新しい板、コブ/パウダー用に型遅れで購入した 4FRNT SWITCHBLADEの2015年モデルを出してみました。
image

午後は雪も止み、重くなりかけた膝丈の新雪や、それが踏み荒らされた不整地、できかけのコブ斜面など色々滑れたのでインプレを書きたいと思います。

浮力と走破力はまずまず
センター幅は86个覆里如驚くほどの浮力はありませんが、それは想定内。心配だったのは、元々パイプ向け故のトップの短さでしたが、ツンのめる事もなく、雪溜まりを突っ切っていけます。

際立つ軽快感
長さを171个僕泙┐燭らか、パイプ板ならではのキレの良さか、回しやすいです。重い雪の中でもコブでも軽快に切り替えせます。もっと厳しい条件に追い込まれた時のリカバリーがしやすそうです。

安定性もあり
荒れたバーンをすこし飛ばしてみましたが、変なバタつきもなく、スキー全体の長さが感じられ安心感あります(もちろんレーシングモデル程ではありませんが)。メーカー推奨より5センチ後ろにビンディングをセットしてますが、それでも前よりなので、乗るか位置はこれから色々試してみようと思います。

いままでのフリー用スキーはすべて、実は試乗もせず買っているのですが、今回も当たりのようです!
スポンサードリンク