IMG_8473

伸び悩む成績を打開すべくやり方を変えたオフトレにつづき、雪上トレーニングにも新風を、ということで、以前大会前の1日のトレーニングで大きなヒントを得た「岡部哲也スキースクール」のSLキャンプに出稽古に行ってきました。

今回は3日間のスペシャルSLキャンプのうち、土日の2日間に参加しました。このキャンプに期待するのは、苗場では滅多にない硬いバーンと、いつもと違う視点からの指導。
IMG_8475
前回の参加の時ほどではないものの、十分な硬さ。このバーンで2日間みっちりSLのポールトレーニングができることに加え、日頃はなかなか練習できないショートポールや、世界のオカベ直伝のバリエーショントレーニングなど、充実の内容です。

ランチはうさぎ山キッチンハウスの「ジャガバタカレー」。この意外な組み合わせが好きで軽井沢では必ず食べます。
IMG_8474
元々リフトが混雑する上に、ファミリー層向けに「リフト減速運転」を売りにしている軽井沢プリンスのなかで、うさぎ山エリアはリフトが比較的空いているので時間のロスが無いのも良いです。うさぎ山キッチンハウス自体は小さなお店で席数が少ないので、天気がよければ外で食べるのも気持ちいい(ジャガイモが速く冷めるのが惜しいが)。天気が悪い場合は、事前に食料を用意して無料休憩所(旧アリエスカ)で食べるのもいいかも。最もどん詰まりのエリアでコースも難しいので空いてますし。

今回の宿泊は「軽井沢プリンセスペンション」

素泊まりの気楽さとコスパに加えて、ゲレンデまで送迎してくれるのがありがたい。お風呂も大きいです。
IMG_8476
ペンションブームの頃を思い出させるファンシーなお部屋。でも一人部屋。いったいどんな人が泊まってたんでしょうか。部屋以外の廊下など、どこもかなりファンシーな館内(ご主人のぞく)は「ペンションブーム」の頃のまま時が止まったようで、これはこれで一見の価値ありです。

夕食は、一昨年もらった「ビール無料券」を使いたくて再び「関所茶屋」へ。
IMG_8477
IMG_8478
ビールは無料だけどお通しは無料じゃない…上手いなあ(笑)

今回、往路は新幹線でしたが、帰路は高速バスで費用を節約しました。交通の選択肢が多いのも軽井沢の良い所ですね。バスだと食事を摂るのが難しいですが、バス停が駅の近くなので、横川の釜飯がゲットできました。
IMG_8480

難しいバーンに厳しいセット、世界のオカベの熱い指導にたくさんのヒントを持ち帰ることができた有意義なキャンプでした。上越国際3連戦にむけてテンションが上がってきました。
スポンサードリンク