IMG_7113

実に12年ぶりに「尾瀬岩鞍旅館組合杯」に参加してきました。以前、尾瀬岩鞍スキー場は苗場に並ぶお気に入りのスキー場で、毎週のように通っていました。しかし、あまりに身勝手で顧客を軽視した運営、経営方針に嫌気がさし、すっかり足が遠のいていました。にもかかわらず今年参加したのは、スキー仲間から「常宿からの参加者に速い人がいないので、是非助っ人を」と誘われた(とは言っても別に旅館対向試合ではないのですが)のと、今年は肩の不安からGSに注力して練習してきたので、その効果測定をしたかったからです。

12年ぶりに訪れて一番驚いたのは椎坂トンネルの開通で椎坂峠越えが不要になった事。沼田インターから登りらしい登りも無く「あっと言う間に」尾瀬に到着します。なるほどこれでは苗場が空く訳です。4月頭では珍しくはないですが、大会前日の土曜日は雪模様。しかし積もるほどではないので、椎坂峠越えが無くなった今、夏タイヤでもアクセス可能ではないでしょうか。
IMG_7101

ゲレンデの良さは相変わらずですね。チャンピオンAコースや国体女子コースなど、ギンギンに大回りで飛ばせるコースが多いのはこのスキー場の最大の美点です。
IMG_7104
その一方で、かつてはビッシリと自然コブが張り付いていたリーゼンコースが、ラインコブになっていたのは時代の流れとは言え残念でした。

そして変わらないのはファミリーコースにある「お祭り広場」。飲み屋然とした雰囲気も、名物キャンドルボーイも昔のまま。今回はラーメンにしましたが。
IMG_7105
今やお祭り広場のブログがあることには時代の流れを感じますが、そのプリントアウトのファイルが置いてあるアナログ感はなんともお祭り広場らしいではありませんか。
IMG_7107
IMG_7108

今回の宿泊は「ロッヂ屋形」
IMG_7109
この宿の売りはお風呂ですね。温泉なので24時間入浴可能で、私は3度も入ってしまいました。普通のお風呂と檜風呂があり、時間によって男湯と女湯が入れ替わります。普通のお風呂の奥には露天風呂もあります(ただしこの時季はクローズ)。

さて肝心のレースの方ですが…
IMG_0509
一般男子完走56名中19位。残念ながら飛び賞もなし。全体の上位30%くらい、というのは昔とほぼ変わらないポジションです。うーん、やはりGSは進歩がないなあ。


以前は300人以上出場していて、むしろ飛び賞の方が賞品がよく、司会者の方も軽妙なトークがバカ受けで大変盛り上がる表彰式だったのですが、今はすっかり参加人数も減り地味な大会になってしまいました。

この大会が行われる4月の第1週は、苗場スキースクールの「木村公宣キャンプ」とバッティングするので、来年以降も参加するのはちょっと微妙かもしれません。
スポンサードリンク