IMG_3799
さて、旅行記、再開します。パリ滞在の合間に、ブリュッセルでも一泊してきました。
ブリュッセルは小さい街です。同じ縮尺で東京、パリ、ブリュッセルを比べてみます。まずはわが故郷、東京都区部。
tokyo2
次にパリ。環状道路の内側がパリ市の20区です。東京でいうとだいたい明治通りの内側くらいでしょうか。ただしパリ20区には、東京で言う世田谷や練馬、葛飾のような農地のあるような郊外は含まれてないです。
pari

そしてブリュッセル。真ん中にある盾のような逆五角形の部分が中心街です。ブリュッセル市の市域ははもう少し広く、さらにブリュッセル首都圏はこの地図いっぱいに市街化されていますが、観光の主な見所はこの逆五角形の中にあります。
Bruxelles


それでは、王宮から歩き始めてみましょう。王宮は逆五角形の右下の角にあります。
IMG_0744
王宮は夏の約2ヶ月間、無料で公開されています。公開にあわせて色々な展覧会を同時開催するのが慣例みたいです。今年は科学と歴史についての展覧会らしく、先生に引率された小学生がたくさんいました。
ベルギー王室は現国王アルベール2世で6代目と比較的新しいせいか、王宮もややモダンです。この部屋は白+ゴールドだけの抑え気味の装飾。
IMG_0752

こちらの白と深いブルーなんてオシャレではありませんか。
IMG_3864
内装の基本色は白で、それに1色だけ加えるというのは、ルーブルやベルサイユの「これでもか!これでもか!」という世界に比べるとずっと洗練されてますね。王宮なのに抑制されている、というのは面白いなあ、と思ったのですが、それなら京都御所や桂離宮の方がもっと抑制的で洗練されているわけで、宮内庁への事前申請が必要な現在の公開の仕方はもったいないなあ、と思います。是非世界の人に広く知ってもらいたいです。

王宮を出て、ロワイヤル通りをすこし北上、映画博物館の横の階段をぬけてブリュッセル中央駅付近へ。ブリュッセル中央駅は、最近になって南駅と北駅を結ぶように作られたので地下駅です。
IMG_3874

ルボー通りを南下。台地の斜面にはりついて蛇行する坂道は、自動車以前の古い道である証でしょう。建物の年代も古そうです。どこもかしこも19世紀風+直線路のパリに比べると、ブリュッセルは多彩な顔を見せてくれます。
IMG_0760

グランサブロン広場。ここはピエールマルコリーニやヴィタメールといった有名なショコラティエが軒を連ねています。
IMG_3879

ちょっと遠回りをしましたが、今度は五角形の中心に向かいます。こんなペイントをされた建物も。
IMG_3900

有名な小便小僧を通り過ぎ、ブリュッセルの中心広場「グラン=プラス」に到着です。世界一美しい広場として、世界遺産にも登録されています。
IMG_3905
IMG_3787
IMG_3790
「世界名作劇場」とか「まんが世界むかし話」といったアニメで我々が親しんだ「おとぎの国」としてのヨーロッパってまさにコレですね。

ブリュッセルは「小パリ」とも呼ばれるそうで、グラン=プラス北のブルス広場はそんな感じはしますね。
IMG_3797

ここまで、食事やら買い食いしながらダラダラ歩いて、東京で言えば渋谷から原宿を歩いた位のイメージでしょうか。

今度は逆五角形の上の辺にあるホテルに向かって歩いてみます。

ブリュッセルにも、パリと同じようなギャルリーがあります。これはギャルリーサンテュベールのアーケード街。
IMG_3801

王立モネ劇場の脇を通ってヌーブ通りへ。ここはショッピング街ですが、服と靴のお店ばかりで、レストランはおろか、カフェですら通りの北端近くにいくまで見当たらないという特異な街です。観光地というより、地元の人(特に女性)が買い物に来る街のようで、東京で言うと吉祥寺とか自由が丘のような所でしょうか。画像は通りの北端、逆五角形の上辺のすぐ近く。右はデバートとMEDIA MARKTが入った近代的なショッピングモール、左は古い教会。吉祥寺で言えばヨドバシ吉祥寺と月窓禅寺か。
IMG_3807

ここを抜けると、逆五角形の上の辺につきます。パリほど厳格な景観規制は無いと思われるブリュッセルですが、ここまで外れると高さ規制も緩和されるらしく、高層ビルが目立ちます。
IMG_3847
ここまでグラン=プラスから直線だと1キロ強、原宿から表参道交差点よりやや遠いくらいだと思います。ブリュッセルの街の大きさが、だいたいイメージして頂けたでしょうか。
東京人にとっては、建物が新旧入り乱れていたり、狭い路地や坂も多かったりと、パリのようなテーマパーク感が無いリアルさがあって、馴染みやすい街ですね。

街行く人をみて驚くのは移民の多さです。地下鉄の車内では中東や北アフリカ系の人が大多数でかなり面食らいました。パリも移民が多いですがここまでではありません。ヌーブ通りのZARAでもチャドル姿の女性を沢山見かけましたし、王宮を見学していた小学生も、ヨーロッパ系の子供は半数よりやや少ないくらいの印象でした。それもそのはず、ブリュッセルで一番多い男の子の名前は「ムハンマド」なのだそうです。

多彩な顔を見せる街並み、多様な人々とそれを受け入れるオープンな雰囲気…小さな大都会。ブリュッセルはそんな街でした。
スポンサードリンク