IMG_1275

約10年ぶりくらいに野沢温泉に滑りに行ってきました。野沢は学生時代所属していたスキーサークルの合宿地。今回は当時からの顧問の先生+歴代OBがあつまっての「飲み会」(滑りはオマケ)という企画です。

今回も足は公共交通機関。長野新幹線→飯山線です。野沢には何度も来ているのに、戸狩野沢温泉駅は初めて降りました。
IMG_2557
野沢温泉村までは路線バス。今年は雪が多い!関温泉ならまだしも、野沢近辺でこんな雪の壁初めて。
IMG_2560

連日の大雪が伝えられてましたが、日中はいい天気に恵まれました。
IMG_2566
夜は降雪があったものの、せっかく旧交を温める機会に朝飯をブッチしてゴンドラに並ぶのもどうかということでパウダーは無しかな、と思ったのですが、昼前でもやまびこゲレンデの林の中で結構楽しめましたね。苗場なら雪の抵抗で直滑降するしか無いような斜度でもターンできます。さすがは信越。

IMG_2583

さて10年ぶりに訪れるといろいろ変わっているもんですね。
まずは外人が多かった。野沢の風情や情緒はスキー場のある温泉街の中でも随一ですから、外国の人には堪らないだろうなあ。
IMG_2569

そしてゲレンデやゲレ食が空いていること。やまびこゲレンデこそ混雑していましたが、それ以外はリフト待ち無し。ゲレ食もすんなり入れるばかりか、座敷で昼寝をしても他のお客の迷惑にならないほどでした。昔はグループで座席を確保するのはとても大変だったのですが。
IMG_2564
その一方で宿は満室、外湯の混雑は相変わらず。滑らないお客さんも多いのかな、とも思いますが、街の人通りもあまり多くないので、ちょっと不思議です。

一番昔と違うこと…それはカンダハーコースが解放されていること!以前は競技専用コースで一般客は滑れなかったのですが、ここ数年は大会や貸し切り練習が無い場合は解放しているそうです。初めて見るカンダハーからの眺望。
IMG_2568
さすが競技専用バーンだけあって、雪は締まっているし、適度な斜度変化やねじれがあってとても楽しいコースです。野沢はダラダラの緩斜面かコブコブの急斜面がほとんどで、快適に飛ばせるコースが皆無に近いので、これは正しいですね。ただ、今回持って行った板がReismだったでおっかなびっくりでしか滑れなかったのが残念でした。

変わらないこともあります。例えばゲレ食。学生時代にもよく利用させてもらった「エーデル」の唐揚げ定食、1100円。唐揚げのカリカリ感と辛さのバランスはちょっと他に無い美味しさ。
IMG_2562
カンダハーコースの真下、「ホテルシュナイダー」で住み込みをしていた後輩おススメのモツ煮定食。定食なのにご飯をお皿に盛っちゃう適当さですが、モツであることを忘れる柔らかさで850円!
IMG_2585
どちらも見た目と値段は「昔のゲレ食」っぽいですけど、味は高水準だと思いますよ。

そしてもう一つ変わらないのは、我がサークルのスピリット。なんてカッコよくっ言ってますが、炬燵にあたりながら野沢菜をつまみに、湯呑み茶碗で日本酒をやりながらワイワイやるってことですね(笑)顧問+1期(私たち)から18期まで集合。
nozawa
ジャンルにとらわれずスキーを極める、楽しむスタイルは代々受け継がれているみたいですが、現役生の人数はかなり少なくなっているそうです。現代の学生さんたちは「大学には勉強しに来ているのでサークルをやるつもりはありません」という人も多いとか。私も「大学は職を得るために勉強をする所」という考えには大賛成(自分のやりたいことを選んで入学したのに勉強しない輩はバカです)で、実際3年生の途中くらいまでは勉強ばかりしていたのですが、それだけでは得られない物を沢山もらえたのでサークルを、スキーをして良かったなあ、と思っています。

さて「オマケ」の滑りの方は…野沢と言えばシュナイダー、チャレンジ、牛首といった名物コブ斜面を楽しみにしていたのですが、今回は大量の降雪の後に滑る人も少なかったせいかほとんどコブはなし。久しぶりの信越の雪質にかなりの戸惑いもあり全体的に低調でした。それでも日曜の午後になるとチラホラとコブも出来てきたので、学生当時よく練習していた日影ゲレンデのコブ斜面をちょこちょこ滑って終了。


ちょっとイケテない滑りで恥ずかしい限りですが、学生の頃はここは恐怖の急斜面でしかありませんでした。なにせ当時はこんなでしたから。同じ野沢温泉の水無ゲレンデか湯の峰ゲレンデ。


最後に一生懸命ウェーデルン(死後w)やってますね。今滑るとターンするのもかったるい緩斜面ですが、これくらいの斜度じゃないと出来なかったんだよなあ。

最後になりますが、今回お世話になったのは「野沢屋」さん。食事もおいしく(画像真ん中の蕎麦の味が入った茶碗蒸しが最高)、女将さんや旦那さんもにこやかで、乾燥室も暖かい(これ大事)、ゲレンデにも近くて1泊7500円はかなりリーズナブルじゃないでしょうか。
IMG_2573

さらにスキー室にはこんな秘密のスイッチもありました。ウチにも欲しいぞ。
IMG_2580

久しぶりに宿代やリフト券を払ったのでかなり散財しましたが、懐かしいゲレンデで懐かしい面々とスキーが出来たのは本当に楽しかった。昨年のTwitterかぐらオフ以来の「楽しいスキー」でした。貴重な機会を作ってくれた幹事さんに感謝。
スポンサードリンク