IMG_0749

10月24日に陸上自衛隊朝霞訓練場で行われた、自衛隊観閲式に行ってきました。本来は一般の観覧はできないのですが、ある方の好意で入場券を譲って頂いたのです。

観閲式とは、最高司令官(日本では首相)が軍隊を行進させて錬度をチェックするイベント。簡単いえば軍事パレードですね(昔は神宮の絵画館前でやっていました)。

たくさん写真や動画をとりましたが、その一部をご紹介します。

参加する部隊や車両の具体的な所属は一部をのぞき明らかになっていません(車両の表示は消されている)が、何の部隊かは「普通科部隊」という形で説明されます。

空挺部隊。パラシュート部隊ですね。持っている小銃が折りたたみ式なのが特徴。ヘルメットも一般隊員とは違う。
IMG_0751
敵の背後に降下して孤立無援で闘うので精鋭と言われます。関東だと習志野にあります。

海上自衛隊部隊。会場は朝霞ですが、自衛隊全体のイベントなので、陸海空三自衛隊すべてが参加します。
IMG_0752
海自は「帝国海軍の跡を継ぐ」を自認しているので、軍装も旧軍の雰囲気を感じさせます。この時の行進曲はもちろん軍艦マーチ。規則で決まっているらしい。

自衛隊中央病院高等看護学院学生隊。
IMG_0754
看護士さんの卵たちです。だから銃ではなく赤十字入りのバッグ(救急セットみたいな物か)を持ってます。

看護学生以外にも女性自衛官の方がたくさん参加していますが、なにやらみんなキレイに見えます。私の持論は「姿勢の良い女性はキレイに見える」ですが、その通りだと思いました。

隊員達はパレードの前後は整列してるわけですが、微動だにしません。人間訓練すればあそこまで出来るんだな。

人間の後は車両もパレードしますが、後述する展示車両の写真の方が写りがいいので割愛。

航空機も参加します。
航空自衛隊のF-15J。先頭の一機は副座のDJかも。
IMG_0763
旅客機と同じターボファンエンジンなので、「ブオー」という音。さほどうるさくない。

F-4EJ。昨年の入間航空祭の記事でも書きましたが、一番好きな戦闘機。
IMG_0764
F-15と異なり、ターボジェットエンジンなので「キーン」という音。かなりうるさい。

式典終了後に日米安保50周年を記念して飛来した米空軍のF-16。
IMG_0784
編隊の間隔が狭い!危ないなあ、他人ん家の上で何やってやがる!とおもいつつその錬度の高さに度肝を抜かれ、音は覚えてません。エンジンが同じなので、F-15と同じはずです。

日米の音楽隊による演奏もあります。演奏に大砲を使うことで有名なチャイコフスキーの「序曲1812年」!

当たり前ですがスゴい音。耳が大切な音楽隊の隊員たちは大丈夫なんだろうか?

上の動画にも出てくる高機動車にBOSEのスピーカーを積んだ車両。スピーカーもオリーブ色で塗られている。こんなのもあるんだ。
IMG_0786


式典の他に、装備品の展示もあります。

左が74式戦車、右が90式戦車。
IMG_0793

74式はよく怪獣映画に出てくる奴ですね。旧式ですが、「これぞ戦車」という形が好き。プラモデル作ったなあ。
IMG_0797
絞り込まれた砲塔、低く広い車体はスポーツカーのよう。

亀の甲らのような形は、滑らかで斜めの面にすることで、砲弾をはじくという効果があります。ただし現代の戦車砲弾には意味が無いらしく、その分車高を低くして隠れやすくしています。
IMG_0802
材質は鋳鉄です。触ると完全に鉄のカタマリという感じ。

冷戦時代、ソ連の戦車に対抗するために開発された90式戦車。
IMG_0796
鋼板でセラミックをサンドイッチした複合装甲なので、角張った外観。最近の戦車砲弾を複合装甲で防ぐ場合、74式のように斜めにする意味はないので、垂直になっています。

なんと、動きます。車体の姿勢を前後させても、砲筒の傾きが変わらないことに注目。


新型戦車も展示されていました。いつの間にか10式という名前がついてました。各部隊に配備されるのは来年からだそうです。
IMG_0794
90式がその目的から北海道での運用を想定していたため非常に大型(それでも外国の同等の戦車より小さい)で、他の地域で使えなかったのと、時代が変化して都市部でのゲリラやテロに対応するため、コンパクトになっています。

90式と違い、戦車砲弾には効果が無いはずの斜めの面がたくさんあります。またハンドルも付いてますね。
IMG_0795
これは装甲が2重になっていて、表側の装甲はゲリラやテロリストの小火器(斜めの面ではじくことができる)から奥にある複合装甲を守るためだと思います。この表側の装甲を外すと重量が40トンになり、トレーラーに乗せて一般道を運ぶことができるらしいです。だからハンドルが付いているわけですね。手前にある4つの穴は発煙筒です。従来は剥き出しでしたが装甲に内蔵されたので、なんか未来っぽい。

先頭車両以外にもいろいろな展示があります。これはお風呂。
IMG_0098
災害時には我々もお世話になるでしょう。その他には野戦病院の展示もありました。とは言っても中に入ると消毒薬の臭いがする普通の病院です。弾丸を噛ませて痛みをガマンさせて…なんてのは映画の話のようですね。国内外の災害派遣で使ってるんだから当たり前か(笑)。

隊員の詰め所に使っているであろうテント。とんがり帽子がカワイイ。
IMG_0103

印象に残っているのは、パレードに参加する以外に、会場の案内や警備のためにたくさんの隊員が動員されていること。やることは何であれ、たくさんの部隊を動かすこと自体が訓練なんでしょうね。

昨年の航空祭につづき、陸自が見れたので、次は海自の観艦式だな(観艦式は一般公募あり)。いや、富士の総合火力演習も見たいなあ。

何はともあれ、入場券を譲ってくれた方、その方を紹介してくれた妻に感謝です。 
スポンサードリンク