東京オペラシティアートギャラリーで開催されているー「エレメント」構造デザイナー セシル・バルモンドの世界ーを観てきました。

 セシル・バルモンドは、レム・コールハースや伊東豊雄と組んで、従来の枠組みにとらわれない彼らの着想を実現すべく、彼もまた従来の枠組みにとらわれない着眼点の構造設計をしてきた人です。

彼は、自然や宇宙の背後にある摂理やそれを記述する数学から着想を得るため、展示の大半はかなり難解です。時間をかけて良ーく観て良ーく考えれば理解できるのかもしれないのですが、ちょっと時間がないので、一番の見所「H_edge(ヘッジ)」へ。





















柔軟な金属のチェーンが、いくつものX形の金属板と組み合わせると、なぜか自立してしまう不思議な構造。天井から釣っているのでは?と思うのですがそんなものはありません。狐に包まれたような、右脳と左脳の間がむずむずする感覚。この不思議な感覚を感じるだけでも足を運ぶ価値があります。

言葉や写真ではピンとこないので、ぜひ現場へ!と思ったのですが、すいません、今日まででした…
 
スポンサードリンク