sonobe2009

毎年恒例「園部カップ」今年も出場しました。今年は年明けからこの大会にフォーカスしてGSを集中的に練習して挑みました。こんなの初めてかも?

しかし結果は…惨敗。1本目はクニック(斜度が変化するところ)をどう攻略するか?に気をとられ、後の緩斜面に無警戒につっこんでしまい、思いのほか振りのきついコースにまったく間に合わず、ゴール前4旗門を山開きステップターン(笑)でなんとかクリアーして、ほぼ歩いているくらいのスピードでフィニッシュ。

まあ、こういうミスも実力のうち。次に巻き返せばいいや、と挑んだ2本目。意気込んでスタートすると…

誰かがオレの右手を引っ張ってる?いや

ストックがスタート台に突き刺さって抜けなーい!!

満身の力でストックを引っこ抜き、手から離れたストックをなんとか握りなおそうとしつつ旗門をクリアー。そのわりに滑りは悪くなかったものの、スタート直後に誰かに引き止められては(笑)タイムが出る訳もなく。惨憺たる結果でレース終了。

たとえどんな事情があろうとも結果は結果なのが競技スキー。リザルトに「ストックが抜けなかった」とは書いてもらえません(当たり前)

負けたことはもちろん悔しいけれども、昨シーズンの終わりから取り組んで来た技術課題が正しいのかどうかを知りたかった私としては、それが叶わなかったのが残念でなりません。

今回の失敗は私のレース人生「情けない失敗ベストスリー」に堂々ランクイン決定です。ちなみに第1位は「スタートして飛び込んだ一旗門目、のつもりが双旗の外側だった(つまりコース外)」。第2位は「スタート直後、漕ぎだした自分のストックをまたいで転倒。それも志賀高原まで出かけて」。全部スタートに関する失敗ですね…スタートは大事なんだなあ。ちなみにストックをまたぐという失敗はワールドカップでも稀にあるんですよ。

今回のレース、唯一よかったことは参加賞のパーカーが可愛かったことでしょうか。
sonobe_sanka

これで今シーズンのGSの大会は終了。3月の上越国際にむけて、心機一転スラロームの練習に集中します。
スポンサードリンク