ヒラフ眺望
今日は、最上部のパウダーエリアとヒラフエリアで滑りました。ヒラフのレストハウスで昼食を食べていると、後方から大きな女性の笑い声。「関西のオバチャンかな」と振り返ると外人のオバチャンでした。国を問わずオバチャン恐るべし。と言うわけで、ニセコにたくさんいる外国人にまつわる面白い話です。

その1:外人といえば冬でも半袖でよく歩いてますが、今回も見かけましたよ。空港で。羽田じゃなくて、新千歳で。

その2:夕食を食べたピッツェリアのメニューに日本円だけでなくオーストラリアドルの値段も書いてあった。

その3:ナイタースキーなんてやるのは日本人だけだ、と思っていたが、そんなことなかった。ニセコでは外人も夜まで滑ってます。まあ彼等の大半が夏のオーストラリアから来ているのなら無理ないかも。

その4:アンヌプリ国際から東山へ戻るバスをレストハウスで待っていた時の話。右からも左からも英語が聞こえてくる中、ウトウトしていた私が、夢の中で考えていたこと。「お金いつ両替しようかなあ?新千歳がいいかな?羽田に戻ってからでいいか…」

その5:中国系や韓国の人も見かけます。リフト待ちの列の後方からハングル語が聞こえてくるなあ、と思いつつよく聞いたら、関西弁でした。

今日はプリンスのラウンジでケーキを試してみました。「フルールポティロン」と「ニセコのホワイトプリン」です。
ニセコのケーキ
フルールポティロンはカボチャのムースがなかなか美味しかったですが、ベースのココナッツのビスキィはサクサク感があるタイプのほうがムースの柔らかさとコントラストが出て良かったかも。ニセコのホワイトプリンは味そのものは美味しいですが、流行りのトローリ系のプリンにした方が下のキャラメル味の層とプリン本体が混ぜやすくて良かったんじゃないでしょうか。といわけで「イイセン行ってるけど、もうひと頑張り」って感じですかね。
雪は午後一旦あがりましたが、また降り出しました。6日連続パウダー達成なるでしょうか…
スポンサードリンク