今日はニセコを中心に活動する映像プロダクション「ウパシ」の主催するガイドツアーに参加しました。ニセコエリアのパウダーを狙えるスポットを案内してもらいつつ、プロカメラマンに滑りの写真(ビデオも可)を撮ってもらう、というものです。
昨日からの降雪でバーンはベストコンディション。リミテッドコースだけでなく、裏技的なコースも案内してくれるのはさすがです。朝9時から小休止をはさんで4時間、腰から胸の深いパウダーを満喫。東山エリアのパウダーバーンをほぼ制圧しました。
ツアーの締めくくりはウパシのスタジオでガイドや他の参加者と撮った写真を見ながらの歓談です。
ウパシのスタジオ
写真の仕上がりは想像以上!フォームがキマっているだけでなく、シチュエーションやドラマを感じさせる背景や構図はさすがプロです。気に入った写真は引き伸ばして後ほど郵送してもらいます。とても良い記念になりそうです。
今日の夕食は「阿武茶」。ダイニングバーと居酒屋の中間みたいなお店です。
「鳥そぼろと温泉たまご丼」が美味しかった。
阿武茶鳥そぼろと温泉たまご丼
そういえば、カウンターに時計代わりにZERO3[es]を置いていたら、店の女の子に、ニセコでWILLCOMの電波が入るか尋ねられました。WILLCOMに問合わせたらサービスエリア外だと言われたそうですが、そんなことはないので、ZERO3[es]と9(nine)でSIMを差し替えて、ゲレンデとそれ以外で使い分けるのをお勧めしておきました。
それにしても、ニセコにはこの手のバーや居酒屋がすごく増えました。客はほとんど外人さんです。ゲレンデでみかける日本人はどこへ行ってしまったのだろう?昼のアクティビティが終わってからも宿の外に出掛けてお酒や食事を楽しむというスタイルがまだ浸透していないのでしょうか?エリア内を循環するシャトルバスや味を競う良いお店など、これほど道具立てが揃っているのは日本のスキーリゾートではかなり恵まれているのに、それを活用するのが外人ばかりなのはもったいない限りです。街の中には、外人向けの宿泊案内所や両替所、なんと不動産屋まであります。
不動産屋
あぁなんともったいない!スキー場の経営ばかりか顧客としての地位まで手放そうとしているなんて!もっとみんなニセコに行きましょう!そしてもっと楽しまなくっちゃ!
スポンサードリンク