帰ってきた「スキーヤーは幌付車の夢をみるか?」

「オープンカーで如何にしてスキーに行くか?」という難題に挑戦してきた迷サイト「スキーヤーは幌付車の夢をみるか?」がブログで復活!

クルマを手放して1年が経過しました。金銭的負担はどれくらいだったのか、それに対する私の気分はどうかも含めてまとめてみたいと思います。

昨年4月から、今年の4月まで、レンタカー、カーシェアに支払った金額は¥89,689でした。内訳は以下の通りです。

レンタカー        ¥57,312
レンタカーのガソリン代  ¥4,965
カーシェア         ¥27,412
合計        ¥89,689

カーシェアはだいたい月1回ほどの利用。
レンタカーの内訳は、昨年のGWで借りたフィットが96時間で¥25,220、秋に借りたGRヤリスが45時間で¥33,550でした。



昨年は夏休みにオリンピックを観ていてどこにも出かけなかったのはイレギュラーですね。その分GRヤリスで贅沢した感じです。

もしボクスターを所有していた場合、この9万円弱という金額では、自動車税と任意保険を払うのにちょっと足りないくらいです。車の維持には車検や駐車場代、ガソリン代もあるので、とうてい賄えません。いずれも一般的な国産車に比べれば高額ですが、法外に高いわけでもないと思います。
車両代はローンが払い終わればゼロですが、私の場合はほぼ同額を次の車の頭金として貯金していたので、ずっと払っていたことになります。

ポルシェを所有して乗ることは最高のドライビング体験であるばかりでなく、一流を我が物として味わうという、人生経験として代え難いものではありますが、コスト差がそれに見合うか?といわれると疑問です。

ポルシェを持たない代わりにレンタカーやエクスペリエンスセンターを利用するという選択肢もあるのですが、結局は利用しませんでした。



レンタカーで借り出しても、高額な割に公道でその真価を味うチャンスが少ないのは同じです。かといってエクスペリエンスセンターのようなクローズドコースでお金を払うならいっそのことフォーミュラカーを運転する方が貴重な体験ができそうです。


これは「普段使いできる乗用車として洗練されているのに、レーシングカーのように速くて楽しい」というポルシェの凄さこそのジレンマと言えます。

ポルシェに関していえば、峠道が近くにあるなど、真価を味わえる環境が整っているか、週末ごとに箱根に通うほど運転が好きか「所有する」だけで満足できるか、いずれかの場合でないと「もったいない」かもしれないです。
かといって一般的なクルマでも維持費や車両代はそれなりに必要なので、公共交通機関が無いなど、クルマがないと暮らせない環境でなければ、やっぱり「もったいない」。これがこの1年での私の結論ですね。

一方、カーシェアやレンタカーでいろんなクルマを運転したことは、面白かったですし、視野やがひろがる経験にもなり興味深いものでした。

特に今年のゴールデンウィークに借りた「普通のヤリス」は私の価値観を揺さぶるすごいクルマでした。次回更新で詳しくレポしますのでお楽しみに。
 
 
スポンサードリンク

今まで何度か借りたことのあるマツダ2ですが、少し長距離と高速道路を走ったので追加のインプレッションです。
今回初めて装着されたナビを使ってみたのですが、ユーザーインターフェイスとしてかなり謎な点がありました。ナビでは1番多く使うであろうホームボタン(ホームメニュー)がナビ周辺にも画面の中にも見当たらないのです。これではスマホの接続も、目的地登録もできません。
53E3410B-AD79-43B4-ACFB-876793D17B20_1_105_c
よくみると画面の下に「メニューはハンドル左のホームボタンを押してください」とのシールが。
IMG_9672
いや、それってどうなの?
IMG_9674
ハンドルにホームボタンがあってもいいと思いますが、あらゆる操作の起点となるホームボタンがナビ本体にない、というのは?
さらに画面も遠く、視線移動が少ないのはいいのですが、指が届きません。
IMG_9675
同じマツダでも3は手元のダイヤルので操作するのが秀逸だったので、これは残念です。まあ2は元々デミオなので設計も古いですし、クラスも下なのでしょうがないかも。
ところでこのシール、タイムズカーシェアが貼ったとしたらたいしたものです。クレームが発端ならきちんと対応しているわけですし、自分たちで気付いたなら貸し出すクルマをキチンとレビューしてるからです。

一方、走りの方は良かったです。着座位置の割に腰高な印象がなく挙動は落ち着いてますし、目地段差も上手くいなします。ステアリングの反応もクイックすぎずリニアで、自分の感覚に合ってます。スポーティーだけれどスパルタンでなく、普段使いに丁度いい感じです。(マニュアルシフトの方向は除く!)。ボディの捩れなどは感じませんが、ロードノイズは大きめで、そこいらに設計の古さを感じました。

シートはポジションや圧分布は悪くないのですが、座面が滑りやすく、無意識に踏ん張っていたのか100キロちょっとのドライブで両足が少し疲れました。運転してる最中には感じなかったのでちょっと惜しいポイントです。

おそらく近々モデルチェンジすると思いますので、ナビ周りや静粛性が改善されると、カーシェアのお気に入りNo.1になりそうです。

スポンサードリンク

IMG_9690
井上昌己さんがラジオ番組で語ったところによると、最新ミニアルバムのタイトル曲「レッドアイは知っている」と「残り香」は「同じ世界観の曲だから、曲順を並べてある」のだそうです。確かにこの2曲は恋の始まりと終わりになっていて、サウンド的にもギターの印象深さが繋がってる感じがします。

そこで、この2曲をシングルカットしたならば…と言う妄想でジャケットをデザインしてみました。
IMG_9691
表ジャケットは先日のメガネ姿の昌己さんのイラストを修正して活用。煮え切らない(おそらく年下)の男性に「じれったい」と嘆く歌詞は、すこし挑発するようなこのイラストの表情が上手くハマります(自画自賛)。
path44097
裏ジャケはメガネとレッドアイ。メガネを外した主人公の恋の行方は…注がれたままのレッドアイだけが知っているのです。
path63712
CDケースにいれて完成、では寂しいと思ったら、ありました。見開きで額装できるフレーム。


先日のライブ後にご本人にお渡し。ブログにもチラッと登場させていただきました。

 
 
スポンサードリンク

小ネギ出荷文字なしアップ
4月といえば、Negiccoのリーダー、Nao☆さんの生誕月です。さらに今年は5月に出産を控える、という特別な年でもあります。恒例のイラストも何かそれに因んだものにしようと思ったのですが、妊婦姿や赤ちゃんを抱いた姿を描くのは無粋な気がして「何かひと捻りせねば」と思案をめぐらせておりました。

そこでヒントになったのが、お子さんのことを誰からともなく「子ネギちゃん」と呼ぶようになったこと。じゃあ、子ネギならぬ、小ネギを出荷する様子を描いてみよう!と思い至ったわけです。
IMG_20220319_0002
イメージは、Eテレの「趣味の園芸 やさいの時間」みたいな、「今どきおしゃれファーマー」。
IMG_20220319_0001
Nao☆さんらしく元気よく「小ネギ」の苗を出荷します。ちなみに「小ネギ」=「万能ネギ」で、その字の通りネギを若取りしたものだそうですが、実際この絵のようにポットで栽培してるかどうかはわかりません。イメージです。
konegi
前回のスーパーカブのイラスト同様、文字をいれると何かのポスターに見えてくるのはさすが「ローカルアイドルのレジェンド」です。



スポンサードリンク

hikaru_takahashi
盒兇劼るさんを描いてみました。コープのCMでのフレッシュな演技に惹かれて以来個人的に注目している若手の女優さんの1人です。

その後2020年くらいまでチオビタドリンクのCMにも起用されていました。

最近はバラエティ番組「スクール革命」でのキレっぷりが面白いですね。

今回イラストにしてみようと思ったのは、描きやすそうだったから(笑)。シュッとした輪郭に、切長の目元と下がった眉、やや下よりにある口元あたりを押さえれば似るだろうと。スッキリした印象の方なので、線の数や陰影をいれずに絵的にもスッキリ仕上げました。ただ、このテイストで鼻の穴だけ描くとどうしても江口寿史っぽさがでますね。偉大だなあ。

そのほかのポイントとしてはロングの黒髪ですが、毛束感のないサラサラ具合を表現するために、トーンは付けずに黒一色+ハイライトだけで表現してみました。ハイライトの流れを綺麗に描きたかったので、代表的な線はパスを入れてますが、リズム感はイマイチになりますね。フリーハンドでリズミカルにかつ丁寧に線が引ければいいのですが、ちょっと難しい。

チオビタドリンクといえば、最近は水川あさみさんが起用されています。こちらもスッキリした美人で私好みですが、ちょっと難しそうだなあ。
 
 

スポンサードリンク

スクリーンショット 2022-03-06 13.07.10
西武線ですぐ行ける埼玉県のスキー場「狭山スキー場」(西武ドームのとなり)で、ポールレッスンが行われていることはご存知でしょうか。私も以前から時々利用していましたが、昨年の感染拡大期に苗場が休業中に頻繁に通うことになり、その存在意義を再認識することになりました。

人工ゆえにコンディションに変化が少なく、斜度もポールセットも余裕があるので、苗場では疎かになりがちなセットの中での体の使い方やラインどりなどタクティクス面に集中して練習できるのがいいですね。
ポールレッスンの開催は水曜日と木曜日の夜なので、仕事を早上がりすれば間に合う人も多いのでは。
IMG_9583D
私はクルマを手放してしまったので電車で行きますが、西武沿線であれば1〜2回の乗り換えでいけますし、駐車場料金が高いのでむしろおすすめです。

また行こう。
 
 
スポンサードリンク

kawabemana

北京オリンピックに初出場した女子フィギュアの河辺愛菜選手を描いてみました。河辺選手は全日本選手権でショート、フリーともにトリプルアクセルを成功し3位に入り、初の五輪出場を決めた若手のホープ。個人的には、シニアに昇格した昨シーズンの日本選手権から同年代の他の選手とは一味違う艶のある演技に注目していました。
河辺愛菜
今回描いたのは、日本代表選出のきっかけとなったであろうトリプルアクセルの着氷の瞬間です。衣装はグラデーションがとても綺麗なフリーのものをチョイスしています(オリンピック本番はこの衣装ではなかったですが)。 
河辺愛菜ALL
スポーツを題材にしているとできるだけ全身像でポーズを描きたくなりますが、今回は描きたいところに絞り込んでトリミング気味に。結局さらにトリミングすることになりました。デジタルだと拡大しながら描くので、ここもあそこも、となりがちですね。

今回の五輪は残念ながらこのイラストのような着氷はできず、結果も厳しいものになってしまいました(パーソナルベストからマイナス40点以上)。ショートプログラムの後半は彼女の伸びやかさが出ていて、もう大丈夫かな?と思ったのですが、翌日の練習でも緊張が解けなかったそうで「オリンピックは怖かった」という感想を述べています。しかし普通に考えれば、17歳の女子高校生にこの舞台で堂々と演技するのを期待するのも酷な話なわけで、期待しつつも長い目で応援していきたい選手です。
 
 
スポンサードリンク

shokomegane4
年末のライブで、井上昌己さんが珍しくメガネ姿で登場しました。プライベートでメガネなのは存知てましたが、SNSを含め公の場では珍しいです。
しかしこれがセクシーかつキュートにとてもお似合いで、ファンがかなりザワつきました。
これに気を良くしたのか?それとも何か事情があるのか、その後も何度かメガネで登場、投稿されてます。

私もメガネ姿の女性は好きなんですが、よく考えると描いたことなかったので、これ以上の題材はない!と思いさっそく描いてみました。
井上昌己とメガネ
昌己さんのイラストは。どちらかと言うとクールにキチンと描く事が多いんですが、今回はキュートにかつシンプルに。衣装はニューアルバムのジャケットの「萌え袖」で。

戯けたポーズと彩度の高いリップ、網点と太いロゴでちょっと80年代っぽくまとめてみました。
あまり深く考えず、萌える対象を萌えるまま描くのもいいもんだな、と思いました。
 
 
スポンサードリンク

IMG_9423D
スキーブーツの底に、ギザギザの滑り止め?保護具?みたいな物をはめて歩いてる人を見かけます。個人的には「そんな物着けないと歩けないのかw」とか「そこまでブーツのソールを保護するのは神経質すぎないか?」とか正直ダサいな、と思っていたのですが…
昨年買ったブーツの底がほとんどツルツルで、滑ること滑ること!
IMG_9424
苗場の雪でも油断するとヤバイので、軽井沢では間違いなく頭打って死ぬなー、と思ったので買いました。
IMG_8102
作っているのはシダス。意外とちゃんとしたメーカーが作ってる。ひょっとしたらAlpenとか行くと安い類似品があるかも。

確かにツルツルになった斜面でも滑らないしクッションも効いててラクですね。

要注意なのは、はめ方が甘いと、雪の中に取り残してしまう事がある事です。意外と高いので気をつけましょう。

スポンサードリンク

IMG_9397
先日、Bluetoothアダプターを買ってまで延命を図った愛用イヤフォンJVC HA-FTX200でしたが、ケーブルが断線したため、買い替えを余儀なくされました。2017年から使ってたので、まあ無理もありません。
イヤフォンは店頭でいろいろ試聴して買いたいところですが、昨今それは難しい状況です。そこで、以前エントリークラスのE1000が雑誌の付録(!)に付いていて、印象の良かったfinalから、ちょっとグレードをあげてE2000をチョイスしました。

ダイナミックドライバーらしい歯切れのいい音は期待通りの私好みです。ちょっと線が細いかな?とも思いますがマイルドで上品な音とも言え、この価格でこのクオリティは驚きですね。
付属のポーチに保護機能が期待できないので、100均でこんなケースを買いました。
IMG_9396
Bluetoothアダプターに刺したまま収納できますし、ファスナーと違ってワンアクションで開閉できるのがいいです。
Bluetoothアダプタを含めた使い心地ですが、非常に快適です。完全ワイヤレスではないものの、手元のiPhoneからのケーブルがないだけでも煩わしさが全然違いますね。また、カナル型の弱点である、ガサガサというケーブルの摩擦音がすくなくなるのもメリットですね。

当面はこの組み合わせで行きたいと思います。

スポンサードリンク

このページのトップヘ